オンリーワン研究会とは
産官学の情報
会員企業一覧
相談窓口
リンクページ
 
 | 大阪府中小企業経営革新支援法  | 中小企業創造活動促進法 | 民間VB助成金 |
 | 特集 |
 特集
へもどる

産学連携は信頼関係を築くことが一番大切
〜「チャンスはどこにあるかわからない」
畑野 吉雄氏 (株)中央電機計器製作所(大阪同友会副代表理事)

 特集の最後に、中小企業家の立場からの経験を聞きました。畑野氏は、同友会のネットワークを活用するとともに、積極的に産学連携の場に出て行くことにより、さまざまなチャンスを事業に結び付ける行動力を重視しています。最大のポイントは、やはり「信頼関係の構築」と言えそうです。

一社の技術ではなく中小企業のネットワークで

 中小企業が一社の技術を売り込もうとしても、点と点が結び付くためには、万に一つの出会いしか期待できないのが現状です。しかし、中小企業家同友会のネットワークの中で生かしていけば成功例に結び付く機会が飛躍的に増えると思われます。

 畑野氏は、個企業としても大阪同友会オンリーワン研究会の一員としても、ネットワークを活かすことにとりくんでいます。その一つの動きは同友会会員企業が参加する「ものづくりクラスター」です。

 また、役所、商工会議所、展示会、フォーラム、各種セミナー、研究会に積極参加してネットワークを広げています。同友会の会員企業どうしでも、ある会社のカタログに自社製品が掲載されたり、HP上でお互いの製品を掲載する取り組みも進んでいます。また、東京ビッグサイト「フラットパネルディスプレイ展」には共同出展しました。この十月のナノテクフェアにも他社との共同出展が決まりました。

 産学のネットワークでも、自社がどう動くかが全て。その行動力をつけないと、何事もうまく進まないというのが、畑野氏の経験から言えることです。


持論は「チャンスはどこにあるかわからない」

 先日も「ものづくりクラスター」で大阪大学に行ってきたそうですが、こうした機会に参加者リストが出され、役所への企業認知になるので、直接連携する事柄がなくてもできるだけ参加、自分が行けない時も社員さんを出すようにしているそうです。オンリーワン研究会を通じて、阪南大・大阪産業大・関西大・龍谷大・大阪市立大・大阪大の先生方との交流もできてきました。

 「チャンスはどこにあるかわからない」のが持論。先生との雑談が新しい動きに結び付くこともあります。何かをつくる時には情報力の差が、製品の差になってあらわれてくると、経験上思っていると語る畑野氏。極力広く情報を集めて、取捨選択することが基本姿勢です。こうした考えが、同社開発の「画像診断システム」に結実し、近畿経済局販路支援室の成功事例第一号となりました。

 自社が先駆的に取り組んできたコンピュータの「LabVIEW」システムでは、大学の方が(株)中央電機計器製作所に学びに来て授業に採り入れています。同社では、そのために講習会を開けるパソコンルームを自社内に設けています。


信頼関係を築いてこそうまれる波及効果

現在はナノテク分野で阪大と共同開発中という畑野氏に、連携に取り組み際のアドバイスをうかがいました。

 実感で言うと、大学との感覚の違いと言うより先生によってタイプの違いがあり、相手の求めているものをよく理解しないとミスマッチの原因となってしまいます。行き着くところは、やはり「信頼関係」につきます。お互いを理解しないと共同もできません。逆に、一度信頼関係を築いてしまえば、波及効果も出てきます。大学の先生は、教え子が産業界のキーパーソンになっていることも数多く、実に人脈を持っている存在です。信頼ができれば共同研究にとどまらず、仕事上の連携先も紹介していただいたことも少なくないと畑野氏は語ります。

 あるいは、産学連携の場に来ている他の企業と知り合いになることによって、「産産連携」の場となることもあります。志と方向性が近いことが、お互いを結び付きにつながりやすいわけです。さまざまな会合や催しに参加して名刺交換することからでも、中小企業が積極的に行動することをお勧めします。

 つきつめていうと、産学連携は大学のシーズと企業のニーズの連携。個々の企業だけでなく同友会のような中小企業団体を核にしたネットワークの構築が新産業創設につながっていくものだと思われます。

 http://www.e-cew.co.jp/Main/toppage.html



Copyright(c)2005The only one group All rights reserved.